pausa di croma

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なつですね。 | main | ひそやかに告知など >>

ひびくもの

まめに…なかなか出来ず、すみません(^v^)



空中カフェへ。気づいたら、毎年恒例行事となっています。
別々のお店のケーキが3種類、1プレートになって出てきます。
今年はビュッフェもあり、ディナーも楽しめるイベントでした。
(平日だったので行けませんでしたが(涙)
mayu、noriko、yuusan ありがとう。
miyukiten 今回は残念だったけど、またごはん行きましょう☆


地元、城端のむぎや祭りにもふらり。
ちいさい子たちのおどりは、ほよくてかわいい。
でも、衣装とか着てると、大人っぽいね。
男性の衣装は、何割か増でかっこ良くなるね。
人がたくさんいて、むぎや節が流れていて、星が明るくて、
地元のお祭りはいいなあと改めて感じました。


氷見のeMuさん「秋のアクセサリー展」へ。
どきどきするような、新作がたくさん並んでいました。
中でも、一目惚れしたのが、レース(金属で出来ています)に包まれた、
スワロフスキーのピアス。
繊細で、さりげないけど、存在感があって。
お揃いのネックレスも、シンプルな服にコロリとつけたいお気に入り。
これからも、maikoちゃんの想いがキラキラ詰まった、
心地よい、どきどきする作品、楽しみにしています。



maikoちゃんや、norikoが出展していた、
10人のグループ展の会場、石田屋さん。
居心地のいい寝具屋さん。
寝ながら整体ができるベッド(ほしい!)に寝させてもらったり、
種類豊富すぎるまくらや、手作りのラグなどがたくさん。わくわくでした。


TOYAMA ADC 展、北川一成さんの講演会へ。
細部まで行き渡った丁寧な仕事。人を動かすもの。
どきどきするような、広告がずらり。

北川一成さんの講演会は、
最初から最後まで、ずっと引きつけられて、
おもしろくて、じんわり染みて、人として、すごく考えさせられました。

断片的ですが、メモ的なものを。
デザイナーは、お医者さん。言われたものを出すだけではなく、
そのものに対して、的確なことを提案する。
話し合いをして、建設的に向き合う。
相手の知らないことを提案する。

北川さんは、事故で片目が見えなくなってしまい、
自信があった、絶対色感や、立体的に見えていた質感などが、
わからなくなってしまったのだそうです。
その時は、ひどく落ちてしまい、自殺まで考えられたそうです。
ある日、自分が死ぬ夢を見て、悲しんでいる家族の姿と、
あとは、何事も無かったかのように進んで行く、まわりの日々があったそうです。
それで、落ち込んで、悩んでいるのがバカらしくなって、
今を、一生懸命にやろうと。
リハビリもされて、今は、良くなられたそうです。

亀田製菓さんの、営業マンさん用の名刺は、
本物の柿の種が50個入った箱を名刺サイズにしたものに、
これまた、柿の種が入っている袋(名刺サイズ)に、名刺が入っていて、
営業の方の、顔写真が、柿の種やピーナッツにはめ込んであるという、ユニークなもの。
営業の方が、お客様に見せたくなるような、もらったお客様も、楽しくなるような名刺。
コミュニケーションのデザインです。
むずかしいお客様との会話のきっかけになったりと、
営業の方も楽しく仕事ができるようになったそうです。

大切なのは、誰に響かせるか。
かっこいい、きれいなものを作ればいいのではなく、
どんな人達に、どうなってほしいのかを考える。

ご自分の講演会のポスターを作ることになり、
家族や、会社の方に、選手生命が終わると言われるくらい、
ダサいポスターを作成されたそうです。
行間をなくし、究極に読みにくく、変な書体を使い、
初めて Word を使った人が作ったようなポスター。
でも、結果、たくさんの人が集まったそう。
これは、デザインに対して敷居が高いと思っている人達が、
気軽に来ていただけるようにという考えから。

六本木アートナイトの広告では、当時、リーマンショックで、広告費が削られ、
活気もなくなっていた頃に、55万人集めてほしいという、
アートイベントの広告を頼まれます。
こちらも、キレイなかっこいいデザインとは、ほど遠いものを提案されます。
でも、そのインパクトと、ダサさが話題になり、
Twitterなどで、見た人側からどんどん広がり、結果、なんと70万人が集まったそう。

ルドンとその周辺―夢見る世紀末の広告も、
新聞でも話題となるほど、注目をあびて、
結果想像を超えるたくさんの人が展覧会を訪れたそうです。

デザインは勇気がいる。

この言葉、北川さんの作られた作品が体現していました。
アイデアも、これを通そうとすることも、この広告に決めるのも、
なかなかできないことです。勇気がないと出来ません。
自分で勝手にとらわれてブレーキをかけているのではないか。
そのものの、本当の目的は何か。
どうやったら、響くか。

北川さんは大阪弁で、所々に、おもしろいことを言われるので、
本当に楽しく、聞いて良かったなあと思う講演会でした。
人としても、すごく考えさせられた講演会でした。


はたけは、冬野菜に切り替わっています。
大根がぐんぐん育ち、間引いたりしております。


間引いたミニミニ大根。(指くらいの太さ)かわいい。


それから、ひとつご報告を。
来年、5月に結婚することになりました。
近しい方々、また、改めてご報告いたします。
これからの準備の日々、楽しみながら進めて行けたらなと。
また、色々教えて下さいませ。

- | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

これはこれはおめでたい
さぞかし素敵な式になることでしょう。

結婚して早1年のうちの嫁は、結婚式と、海外旅行をやり直したいと日々言ってます…
KYHT | 2012/10/10 6:38 PM
KYHTさま。
コメントありがとうございます☆
いつも、お世話になっております。

1年。
そういえば、ご結婚される少し前に、
事務所へお邪魔して、WPを教えていただきましたね。
ありがとうございました。
奥様はお元気ですか?
お式も、旅行も、とてもステキそうでしたよ。
あの、2次会のかわいいサイト、忘れられません。

色々決めることたくさんで、あわあわですが、
感謝を伝えられる場にできればと思います。
ryoko | 2012/10/11 2:03 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE